インサイドチューダー

ブランドの誕生

1926年2月、ハンス・ウイルスドルフは「The TUDOR(チューダー)」を商標登録し、ダイアルにチューダーのサインを入れた腕時計の製作を開始しました。第二次世界大戦直後、ハンス・ウイルスドルフは今こそブランド独自のアイデンティティを確立し、事業を拡大すべきであると判断しました。そして1946年3月6日、彼は男性用と女性用の両モデルに特化した「Montre TUDOR S.A.(モントレ チューダー S.A.)」を設立。ロレックスは流通やアフターサービスと共に、その技術やデザイン、機能性を保証していました。

チューダーの歴史

ハンス・ウイルスドルフのビジョン

「私は何年もの間、ロレックスの技術と信頼をもって、確固たる品質と先駆性を備えた腕時計を創りたいと思ってきた。その価値ある新しい腕時計を製造・販売するために、私は新たに『チューダー ウォッチ カンパニー』という会社を立ち上げることにした。」
- ハンス・ウイルスドルフ

時計製造

チューダーのアトリエ

チューダー ウォッチは脈を打ち、生きています。それはあなたを精密で美しい世界へといざなうでしょう。ムーブメントをはじめとするすべての部品に駆使された高度な技術は、これ以上は不可能という微細なレベルで徹底的にテストされています。類まれなる耐久性を持ち、優れたデザインと性能は身に着ける喜びを与え、目を愉しませ、心を躍らせます。精密なメカニズムは時が課す試練に耐えうるでしょう。特別な素材、耐久性、堅牢性、そして優れたデザインはひとつ一つのチューダー ウォッチを唯一無二にするのです。

チューダー アンバサダー

デイヴィッド・ベッカム

幼い頃のデイヴィッド・ベッカムの夢。彼は大きくなったら何になりたいかと尋ねられるたび、「サッカー選手」と答えていました。幼い頃からの変わらぬ情熱が、サッカー史上屈指の称賛と敬愛を集めた選手へと導いたのです。3つの強豪クラブとイングランド代表チームで115試合に出場、そのうち59試合でキャプテンを務め、イングランドチャンピオンシップ6度、メジャーリーグサッカー2度、スペインリーグで1度、UEFAでも1度優勝という、輝かしい成績を残しました。